はあちゅう氏 ネットでの誹謗中傷に対し訴訟準備

2020年05月30日 17時01分

 ブロガー・はあちゅう氏(34)が30日、自身のブログを更新し、SNS上で受けた誹謗中傷に対して訴訟準備を始めることを明らかにした。

 はあちゅう氏は以前からSNSなどで誹謗中傷の被害を受けており、先日はブログで、インスタグラムのフォロワーから児童虐待を警察に通報されたことも報告している。ブログの更新を数日休んで「アンチアカウント対策(訴訟準備)に集中します」という。

 28日にはツイッターに「謝ってくれて、アカウント消したり、鍵かけたり、今後何もしないと約束してくれるなら、こちらもそれ以上追うつもりないです 今後は平和にいきましょう。でも該当アカウントや発言を教えてくれないと、弁護士さんから連絡がいく可能性があります」「【アンチの方へ】今後謝罪メッセージを送ってくれるアンチの方は、以下のアンケートにお答えください 1.なぜ私のアンチになったのか 2.なぜ謝罪する気になったのか 3.可能な限りあなたの属性 なぜアンチ活動に避ける時間がそんなにあるのかを単純に知りたい」と投稿。

 これを引用し「あらぬ方向に妄想を膨らませている方もいらっしゃるみたいですが…。(こんなこと言っておいて晒す気だ、個人情報を取って悪用する気だ、とか。住所も名前も求めてないのに、一体私は何をどうやって悪用するんですかね、逆に聞きたい)」。

 さらに「そういう方とはもしかしたら裁判所などでお会いすることになるのかもしれません。裁判にまでしたことがないので、この後の流れは私もよくわかっていませんが…。(弁護士さん任せ) 謝罪してくださる方の謝罪は嬉しく思っています!」とした。

「今のところ、6名の方から(6人ですが、一人で複数アカウントを運営している方がいるので、対象アカウント数はもっと多いです。)謝罪のメッセージを頂いています」と明かしたはあちゅう氏。最後は「SNSでの中傷や嫌がらせがない社会の実現を心から願っています」と結んだ。