江川紹子氏が池上彰氏のコラムに「これほど、モゴモゴと、よくわかんない池上さんの原稿を読むのも珍しい」

2020年05月29日 15時05分

江川紹子氏

 ジャーナリストの江川紹子氏(61)が29日、ツイッターで、ジャーナリストの池上彰氏のコラムについ言及した。

 このコラムは29日の朝日新聞に掲載された「池上彰の新聞ななめ読み」。「黒川氏との賭けマージャン 密着と癒着の線引きは」と題したコラムの内容について江川氏は「黒川賭け麻雀問題を扱った、今日の朝日新聞の『池上彰の新聞ななめ読み』。これほどモゴモゴと、よくわかんない、キレイゴトな池上さんの原稿を読むのも珍しい鴨」とクビをひねっている。

 コラムで池上氏は検事長とここまで強いつながりを作っている記者に感服しつつ、賭け麻雀することは論外と断じている。その一方で今回の騒動で「記者の取材活動が萎縮してはならない」とも提言。記者たちがなぜ新聞で報じなかったのか、を問題視し「読者から、そう聞かれたら何と答えるのか。他社の記者たちにとっても人ごとではなく受け止めてほしい声です」と締めくくっているが、なんとなく奥歯に物が挟まったようなもの言いである。

「池上さんの年齢なら、自分はやらなくても、記者がお役人と賭け麻雀やってるの見たことない、なんてはずはないと思うんだけど」と江川氏は率直な感想をつづっているが、池上氏も舞台裏を知っているがゆえに踏み込めなかったのか。