山里亮太 木村花さんの死に「何かできることはなかったのかと強く感じています」

2020年05月25日 07時34分

山里亮太

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が24日、自身のツイッターを更新。23日に死去した女子プロレス「スターダム」所属の木村花さん(享年22)への思いをつづった。

 木村さんが出演していた恋愛リアリティー番組「テラスハウス」のスタジオメンバーを務める山里は「この度は木村花さんの訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。突然のことに、どう言葉を発してよいか分からず、時間が過ぎてしまいました。それは木村さんのことを考えると、直ぐに言葉の整理ができませんでした。そのような不安定な状態で、自身の発した言葉がどのように解釈されるのかが分からず、しばらく言葉を発することに躊躇をしてしまいました」とツイート。

 番組内での様子に関してSNSで木村さんが激しい誹謗中傷を受けていたとされる。山里は「今、現実を受け止めて、なぜ画面の中で力強く立ち振る舞っているその姿の裏にある苦悩に気づけなかったのか、何かできることはなかったのかと強く感じています」との思いを告白し「ご冥福を心よりお祈り申し上げます」としのんだ。