三浦瑠麗氏「中傷する人はそもそもどんな文脈においても正義なんかではない」

2020年05月24日 18時01分

三浦瑠麗氏

 国際政治学者の三浦瑠麗氏(39)が24日、自身のツイッターを更新。前日(23日)に22歳の若さで死去した女子プロレスラー・木村花さんについて触れた。

 木村さんはネットフリックスで配信され、フジテレビ系で放送される人気リアリティーショー「テラスハウス」に出演中だったが、番組内での様子に関してSNSで激しい誹謗中傷を受けていたとされる。

 三浦氏は「テラスハウスの花さんが命を絶ったという。いじめで自殺を選んだ多くの人がいる。私だってそうなっていたかもしれない。中傷する人はそもそもどんな文脈においても正義なんかではない」と明言。その上で「事件は編集で作り上げた物の負の影響をすべて出演者におしつけるテレビ的な構造からきていることも確かだと思う」とした。

 続けて「リアリティ番組は誤解を生みやすく、なのに有名芸能人なみの保護がなかったとか、そういう構造もあるのだけど、そもそも世に出ている人がどれだけの憎悪を浴びて日々生きているか考えてほしい。異様なメンタルになっていくのだ。これはそういえば中居さんもワイドナでおっしゃっていたことだけれど」と指摘した。