新田真剣佑 有料ファンクラブサイトの更新もせず沖縄バカンスにファン離れ必至か

2020年05月21日 17時00分

2月に「星の大地に降る涙」の稽古場で取材対応した真剣佑。本来なら5月上旬は大阪の舞台に立っていた

 まさか、こんな形で近況を知るとは…。人気俳優の山田孝之(36)と新田真剣佑(23)が知事の来県自粛呼びかけを無視して沖縄県に旅行に出掛けていたと報道されたが、若手俳優の中でもトップクラスの人気があった真剣佑だけに、ファンもガッカリを通り越してあきれ果てている。

 真剣佑らが文春オンラインに沖縄バカンスをキャッチされた時期は、本来ならば演劇ユニット「地球ゴージャス」の25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」の大阪公演の期間中で、主演を務めているはずだった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3~4月に予定されていた東京公演に続いて中止。ちょうどスケジュールが空いていたということだ。

 公演で真剣佑と会いたいと楽しみにしていたファンたちもさぞかし残念だろうが、こういう状況だから仕方ないと納得していただろう。会えないならばせめて有料の個人ファンクラブサイトや事務所の公式ユーチューブで一目でも見たいと願っていたのだが、こちらにも投稿はなく、最新の真剣佑の姿を見ることはかなわなかった。ファンも何をしているのか気にしていたところ、今回の記事が予想外の近況報告となってしまった。

 当然、ファンは激怒し落ち込んでいる。SNS上ではファンの間からも真剣佑を批判する声であふれ、大炎上している。

「(有料ファンクラブの)会費を払っているのに、1か月も写真も載せてくれない」「擁護できない」といった失望の声が寄せられている。

 真剣佑はインスタグラムやツイッターのアカウントも持っているが、仕事の告知等がほとんどで投稿頻度も高くない。だからこそファンは有料ファンクラブに期待していたのだが、更新はあまりなく、文春で近況を知らされたのだからたまらないだろう。

 芸能プロ関係者は「公演中止になった時に、なぜファンクラブで情報発信をしなかったのか。ファンは運営側に不信感を募らせている」。

 沖縄バカンスがトドメとなり、ファン離れが起きそうだ。