石田純一“コロナ復帰仕事”の電話出演に業界から猛バッシング起きるワケ

2020年05月20日 10時44分

バッシングがやまない石田純一

 新型コロナウイルスに感染し12日に退院した俳優の石田純一。早々に仕事に復帰しているが、いまだにバッシングの嵐が収まらない。

 石田は14日のフジテレビ系朝の情報番組「とくダネ!」に電話出演して「恐怖感しかありませんでした」と振り返り、集中治療室に入る寸前だったことも明かした。

 この電話出演に、昼の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)のMC坂上忍は「退院早々に『とくダネ!』さんのお仕事を引き受けるあたりがね、やっぱり石田純一さんがスタッフに好かれる理由なのかとも思ったりしましたけど」と苦笑した。

 サービス精神が旺盛だけに、取材オファーが来れば断れなかったのだろうが、“不要不急”の沖縄で感染したという経緯を考えれば、時期尚早の感は否めない。

 現に妻でタレントの東尾理子のインスタグラムには厳しいコメントが書きつづられていて、逆風は強い。

 ある芸能プロの幹部は「彼が入院中に新聞のインタビューに答えたり、キャンセルはしたもののフジテレビの番組に電話出演しようとしたこともありました。芸能人や芸能プロダクションの間からは“芸能界に迷惑をかけているのに、全く分かっていない!”と、怒りの声が出ています」。

 4月7日に緊急事態宣言が出されたのに、石田は同月10日に沖縄を訪問し、ゴルフまでしていた。しかも、一部報道では同月5日の北関東でのゴルフが感染経路の可能性を指摘されている。自粛を守らなかった石田のせいで、世間から「芸能人は“非常識”な人々の集まり」という目で見られかねない。

 コロナ禍で芸能界全体の仕事が減り、ユーチューブに出るタレントが増える中、石田はコロナ感染をきっかけに、取材とはいえ“仕事”を受けている。だからこそ、世間からも芸能界からも、バッシングが起きているわけだ。