“論客”ほんこん コロナ禍で意外な存在感

2020年05月19日 17時00分

蓮舫氏の「高卒発言」にかみついたほんこん

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で芸能界も活動制限が続くなか、お笑いタレントのほんこん(56)が、存在感を発揮している。

「特に大きかったのは、立憲民主党・蓮舫参議院議員の『学校やめたら高卒ですよ』発言に対する対応ですよ。SNSを使った謝罪の仕方に、もっともな批判をして共感を呼んでいますね」(芸能関係者)

 工業高校出身のほんこんは先月、蓮舫氏が参院予算委員会で「学校やめたら高卒になる、就職どうなる」と発言したことについて「高卒でゴメンね」と自身のツイッターで反応。

「アホですいません。努力が無駄ならそう言えば『学校辞めたら高卒ですよ就職どうする?』議員が言う言葉かな?与党が言っていたら差別だと言うやろなぁ~」と痛烈に皮肉った。

 さらに「高卒発言はツイッター、尾身先生に対しての言動はYouTube どんだけ甘いねん」と同党の謝罪の仕方を批判。ツイッターで謝罪した蓮舫氏だけでなく、政府諮問委員会会長で政府専門家会議副座長の尾身茂氏に対する質疑が問題視され、ユーチューブで謝罪した同党の福山哲郎幹事長も斬って捨てた。

 ほんこんは「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(朝日放送テレビ)や「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)など、関西ローカルの情報バラエティー番組に多数出演。歯に衣着せぬ発言で人気を集めてきた。

 当の本人は「自分の思ってることを言うてるだけ。テレビに出て、中途半端に置きにいくコメントやったら、出たらアカンと思ってる」と話している。今後は新たな“論客”として、仕事が増えそうだ。