坂本一生 悲しいパーソナルジムの備品盗難「プレート20キロ、体温計まで…」

2020年05月20日 11時00分

トレーニングを欠かさず、サイズアップし続けている坂本

【コロナに負けるな!有名人の緊急事態宣言】39県で緊急事態宣言は解除されたが、スポーツクラブ(スポーツジムに加え、スタジオやプールなどがある総合的な施設)に対しては、休業要請を継続する自治体が多々ある。それほどまでに汗と気合が飛び交うスポーツクラブは3密だ。緊急事態宣言が続く千葉県で、パーソナルジムを経営しているお騒がせタレントの坂本一生はどうしているのかというと…。

 緊急事態宣言で、俺自身が通っていたジムも休みになってます。でも、俺が八千代市で経営するSISパーソナルジムは通常営業を継続し、ジム難民救済のためにスペースの時間貸しもやってます。

 継続的にスポーツクラブに通っていたお客様は、体を鍛えることができなくて困っているという話を聞きます。そこで、緊急事態宣言で休業するスポーツクラブが多い間は、1時間2000円で時間貸ししているのです。SNSに投稿したら、すぐにお申し込み、お問い合わせをいただきました。

 ボディービルダーの方々は夏に大会を控えているので、ジムが休みになるとトレーニングができなくなって困っていらっしゃるようです。

 ジム難民救済のことを一部で報じていただいたら、さっそく市民の方から、「東京から無症状のコロナ感染者を誘い込むようなことはやめてほしい」との抗議をいただきました。

 ただ、ジムの時間貸しで東京からいらしているお客様は今のところ0人です。東京からの感染者流入リスクの責任を俺に求められても困ります。そもそも、八千代市から東京に出勤していらっしゃる方が大勢いらっしゃいますから。

 スポーツクラブと違いパーソナルジムは3密に該当しないと思っています。特に、俺のジムはジムスペースだけで約70平米あります。さらに、徹底した対策はしているつもりです。体調の悪い方は事前にお断りしています。また、検温、換気、アルコール消毒を徹底しています。

 大手スポーツクラブの自粛休業を発想の転換で商機にしているのは、台所事情もあるんですよね。昨秋から、コラーゲンマシンも充実した日焼けサロンを併設して夏に備えてきました。毎年春は、肌の露出が増える夏に向け、会員が増える時期のはずでした。でも、今春の新入会員はごくわずか。さらに退会する方もいらして正直、困っています。

 コロナの影響で仕事や収入が減ったらジムのレッスン料は先に削られてしまうのは仕方ないですが…。先日、役所に電話しましたが、行政の補償金は時間がかかりそうです。少しでも売り上げを伸ばさないと。創業時に融資を受けている返済もあるので、借り入れは増やしたくないんです。

 ジムの時間貸しを始めたら、予想もしなかった悲しいことがありました。プレート20キロ(5キロのプレートが4枚)がなくなりました。3密を避けるために、レンタル時間が終わるまで自分はジムの外に出て、駐車場に待機しています。気付いたら、体温計までもなくなっていました。

 コロナ禍でトレーニング器具や体温計は品切れで、インターネットでは高額で売られているので、新しく買うには負担が大きすぎます。

 トレーニングしたくてもできない人の気持ちは、自分でもよく分かるからレンタルを開始したのにむごすぎます。こんな結末になると思ってもいませんでした。

 お客さんを疑ったりはしたくないので、備品管理を徹底する教訓として頑張ります。

関連タグ: