人気男性タレント 周囲をあきれさせた“コロナ感染”発言「熱があって味覚も変だった」

2020年05月20日 11時00分

自粛下でもこんな飲み会がどこかで…(写真はイメージ)

 新型コロナウイルス感染拡大が終息に向かいつつあるものの、東京都や大阪府などは緊急事態宣言が続き、いまだ予断を許さない状況だ。ライブやイベントの自粛が依然続く芸能界も苦しい状況だが、そうした中、人気男性タレントXが夜の街で、自身の“コロナ感染疑い”を口走っていたという衝撃情報をキャッチした! 危機感のかけらもない姿に周囲はあきれ、ドン引きしている。

 全国に出されていた緊急事態宣言は14日に39県で解除されたが、東京都、大阪府、北海道など8都道府県は継続中。今後も全国民が気を緩めることなく、感染防止の対策を取らざるを得ない生活は続く。芸能界でもイベントが次々に中止や延期となる状況は続いており、テレビでも番組のスタジオ収録やロケが大幅に制限されている。今後の見通しも立たず、多くの芸能人が仕事激減の憂き目に遭っているのが実情だ。

「芸能界では志村けんさん、岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。さらに赤江珠緒さんら、多くの芸能人も感染して苦しんだ。社会的影響力の大きい芸能界は、世間の見本となるような、危機感を持った行動が求められるし、ほぼすべての事務所は所属タレントに対して不要不急の外出を控えるように伝えている」(芸能プロ関係者)

 芸能人もファンにSNSやユーチューブなどで「ステイホーム」を呼びかける中、あまりにも危機感がない行動で、周囲をあぜんとさせているのが、男性人気タレントのXだ。

 不要不急の外出自粛を求められているにもかかわらず、Xは周囲の忠告をガン無視して、夜の街でドンチャン騒ぎしていたという。それだけでも芸能人として失格だが、なんと周囲に“コロナ感染疑い”を言い放っていたというから2度あきれる。

「自粛期間中だけに、周囲には感染を心配する声があったようだが、Xは『そういや熱があって、味覚も変だった時があったよ』などとあっけらかんと口にしていた。症状はすでに治り、PCR検査もしていなかったようで、本当に感染していたのかは本人も分からない。でも人前で『熱があって味覚が変』などと平気で言うとは…。Xのあまりに無神経な姿に驚いた」(芸能関係者)

 もし冗談としても、笑える話ではなく、感染したような虚偽発言をして逮捕された例もある。

 新型コロナは高齢者が重症化しやすいと言われる。Xはまだ50歳に達しておらず、「感染しても大したことないだろう」というのが本心なのかもしれないが、仕事では多くの芸能人と接点があり、感染させるリスクも考えてしかるべき。もっとも、もしそんな思慮があるならば、リスクが高い夜の街で遊んだりはしないだろうが…。

「新型コロナでは大勢の方が亡くなっていますし、他のタレントにうつしてしまう危険性もある。大人になってそれを理解できないのはさすがに常識がなさすぎる」(前出の芸能プロ関係者)

 本紙は先月末、緊急事態宣言の発令後、テレ朝の番組に出演する人気女子アナが、レストランで複数人との“3密飲み会”を楽しんでいたとの衝撃情報を報じた。

 4月上旬には、石田純一が東京と沖縄を飛行機で往復し、その後感染が発覚。世間から猛烈な批判にさらされた。さらに4月下旬には、アイドルグループ「NEWS」の手越祐也が美女たちと飲み会を行っていたと報じられ、ジャニーズ事務所の期間限定ユニット「Twenty★Twenty」への参加を見合わせることとなった。

 コロナ禍で、芸能人の軽率な行動が目立つが、そうした中でXの言動にはあきれるしかない。