暴行逮捕ボビー容疑者 芸能界追放されたら専業トレーダーに?

2020年05月18日 16時26分

検察へ向かう車に乗るボビー容疑者(中央)

 タレント生命は風前のともしびか――。妻(46)の顔面を指で叩いたとして、暴行の疑いで16日に埼玉県警浦和署に現行犯逮捕されたタレントのボビー・オロゴン容疑者(本名・近田ボビー=54)。翌17日、報道陣に対応した妻が「長年、主人からさまざまなDV(ドメスティックバイオレンス)を受けてきた」と同容疑者の常習的なDVを告白したのだ。これにはテレビ関係者をはじめ芸能界はネガティブに反応。18日朝に送検された人気タレントは、もはや専業トレーダーになるしかない!?

 逮捕容疑は16日午前11時50分ごろ、さいたま市浦和区の自宅玄関で妻の頬を指で叩いた疑い。ボビー容疑者は18日朝、浦和署から送検された。約50人の報道陣が集まった中、車に向かう容疑者はマスク着用のため、その表情はうかがえなかった。

 浦和署によると、妻から「夫に叩かれた」と110番通報。署員が駆けつけると、当初ボビー容疑者は部屋に鍵をかけて閉じこもったが、やがて説得に応じ、部屋から出てきたという。その時、家には3人の子供もいたようだ。同容疑者は「口論になっただけ。暴力を振るっていない」と容疑を否認している。

 逮捕翌日の17日、事件現場となった自宅前には報道陣約20人が集結。ボビー容疑者の妻は玄関前で報道陣に対し「長年、主人からのDV、嫌がらせに苦しめられてきた」「家を売りたいから今すぐ出て行け。離婚届とっとと書いて渡せと言われた」「(嫌がらせで)ガスを止められた」などと吐露。夫からの常習的なDVを受けてきたことを打ち明けた。

 捜査関係者によると、事件時に妻の顔にはひっかき傷などがあったというが、この日はマスクを着用していたため、確認ができず。憔悴しているようで、話し終えると娘に支えてもらいながら家に戻った。

 ボビー容疑者といえば、2006年にも当時の所属事務所で出演料を巡って大暴れし、書類送検されている(起訴猶予)。また、妻の話が事実ならば、DVの常習性が疑われ、相当悪質だ。妻としては積もり積もったものがあって通報したに違いない。

 しかも「タイミングが最悪です」と指摘するのはテレビ局関係者だ。

「コロナ禍の影響でステイホームが続く中、社会問題となっているのが家庭内でのDV被害なんですよ。厚生労働省が各都道府県に向けてDV被害者に対する支援を通達しているほどです。今回のボビー容疑者は、コロナとの関連は分かりませんが、タレントとして大打撃なのは確実。各局は同容疑者のキャスティングをためらうことでしょう」

 たしかに、逮捕当日の夜に放送された「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)に出演したときは急だったため「この放送は2020年4月26日に収録したものです」とテロップ対応だったものの、18日放送予定の「YOUは何しに日本へ?」(同)では、ボビー容疑者が務めるナレーターが交代されることになった。

「最近、逮捕された芸能人は、なかなか復帰が許されない。DVとなれば女性視聴者の反発は必至で、このまま芸能界から消えるかもしれませんね」と同関係者。

 もっとも、本人は困らないだろう。芸能プロ関係者がこう言う。

「ボビーは投資家として成功しているからね。FX(外国為替証拠金取引)と日経平均先物を中心に取引して、リーマンショックも切り抜けたやり手だよ。千葉にある別荘の敷地面積は1000坪らしい。もともと貿易商だから、お金のにおいには敏感。新型コロナウイルスの影響で、金融資産は減っていると思うけど、億単位の蓄えはあるのでは? 芸能界でダメでも、専業トレーダーとして十分やっていける」

 事件現場の自宅は、庭にプールがついた大きな一軒家。ベントレーなどの高級車3台、自転車7台が止めてあり、家計が潤っているのは確かだ。これまで格闘家になったことはあるが、新しい肩書で活動する可能性もある。