丸山桂里奈がコロナ感染者減少傾向に「気を引き締めなきゃいけない」

2020年05月12日 13時34分

丸山桂里奈

 元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈(37)が11日夜、インスタグラムで、コロナ終息に向けて、長文で自身の思いを投稿した。

 丸山は感染者の減少傾向に触れ「最近東京でもコロナの感染が100人を切り何日か連続したというニュース見ますが、正直二週間前からみんなでおうちにいようがんばろうていった結果な訳で、じゃーオッケーで出たらまた絶対広がりますよね」と独特の表現で注意喚起を訴えた。

 さらに今後に向けて「暑くなったら蒸発して消えてくれるウイルスならわかりますが、わからないからこそ目に見えないからこそ、こういうときにしっかり気を引き締めなきゃいけないとおもいます」と気の緩みを警戒。繁華街などで人が増えたとの報道もあり、丸山も危機感を抱いているようだ。

 医療従事者や宅配サービス、スーパー、コンビニに携わる人たちに感謝を述べた上で「自分もとにかく、コロナが早く終息に向かい、みんなでまた楽しく笑顔で過ごせるように頑張りましょう」と呼びかけた。