松本人志「許したってくれへんか」ナイナイ岡村に心配される失言プレッシャー

2020年05月11日 17時00分

岡村(左)を「許して」と擁護した松本

 ダウンタウン松本人志(56)が助け舟だ。10日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、ラジオ番組での失言が批判を浴びるナインティナイン岡村隆史(49)について「許したってくれへんか」と呼び掛けた。

 岡村は、先月23日のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」の中で、新型コロナウイルスの影響によって経済的に厳しい女性が風俗で働く可能性があると言及。「かわいい子が来る」などと発言し、批判の“集中砲火”を浴びた。相方の矢部浩之が2週にわたって“公開説教”することで事態の収拾を図ったものの、いまだ炎上の火は収まっていない。

 芸能関係者は「岡村が出演するNHK『チコちゃんに叱られる!』の降板や謝罪を求める署名活動がネット上で始まり、2万人に迫ろうとしています。賛同の声は今も集まり続けていますね」と話す。

 だが、松本はこの日の放送で「(出演は)1人でしょう? 1人で2時間生放送っていうのはリスキーだね。目の前にいるディレクターたちが笑ってたら、調子に乗るところもあると思う」と同情。「俺はイエローカード以上、レッドカード未満くらいだと思う」と指摘したうえで「許したってくれへんか。そこまで悪いやつじゃないやん」と懇願したのだ。

 これを受け、お笑い関係者がこう言う。

「松本さんが擁護したことで、世間的には『もういいのではないか』という声が強まるのでは? 岡村さんが配慮に欠けた発言をしたのは事実ですが、一度メンタルを病んだこともあるので追い詰めさせたくないのでしょう。ただ、心配なのは岡村さんの今後。下ネタを言いにくくなったどころか『もう失言できない…』と焦るかもしれません。そのプレッシャーに潰されなければいいのですが…」

 岡村のトーク力は戻るのだろうか。