アグネス・チャン 香港の厳しい“コロナ抑え込み策”を解説

2020年05月11日 13時33分

アグネス・チャン

 歌手のアグネス・チャン(64)が11日、ブログで香港の新型コロナウイルスの現状を投稿した。

 香港での感染者は1000人余り、死者は4人にとどまっている。

 感染拡大を抑え込んでいる数少ない地域と言えるが、その理由についてアグネスは「コロナウイルス感染が始まって、早い段階で香港はマスク装着令が出されました。マスク装着してないと建物などに入る事が出来ないのです」とした。

 これは徹底していて、アグネスがなじみのレストランに行った時のエピソードを紹介している。

 レストランに入るときには、名前住所を書いて、体温を測るといい、その上で「スタッフがレストランに入ろうとする私を停めたのです。『すみません、マスクをつけてください』と言われました!その時に自分はうっかりマスクを忘れた事に気付きました!慌てました!」。

 アグネスがよく訪れている会員制のレストランなので、この店でマスクを買うことはできるか尋ねると「『そんな用意はありません』と断られました。レストランのスタッフは謝りながらも『マスクがないと入場は無理』と言われました」。

 幸い、店に同行した姉のおかげでマスクを用意でき入店が許可されたという。

「『厳しすぎる』と言う声がありましたが、私はこの厳しさが香港が21日間地元感染者が出てない理由の一つと思いました。みんなが例外なくルールを守る事が、社会全体の安全につながると思います」とコロナ抑え込みのためのルール順守の重要性を訴えた。