中村江里子アナ フィリップ首相の「信じます!!」に「個人個人が意識を持って…」

2020年05月09日 13時38分

中村江里子

 元フジテレビのフリーアナウンサー・中村江里子(51)が9日、自身のブログを「信じます!!」のタイトルで更新し、在住するフランス・パリの都市封鎖(ロックダウン)が解除されることに言及した。

 フランスのエドゥアール・フィリップ首相は7日、新型コロナウイルス感染拡大対策のロックダウンを、11日から段階的に緩和する方針を明らかにした。中村は「この2か月、誰もが解除の日を待ち続け、様々な情報に翻弄されながらも家にとどまっていました。(中略)5月7日にフィリップ首相が会見をし、説明をしました。首相は『フランス国民を信じます!!』と、強く言いました」とつづった。

 フィリップ首相の「信じます!!」の言葉に対し「個人個人が意識を持って、せっかく証明書なしで外を歩けるようになるのですから、“努力”をして、また外出禁止とならないように踏ん張るとき」と気を引き締めると「あと数日で・・・・本当に心待ちにしています。買い物のたびに証明書をダウンロードして、出かける生活はもうしたくない」と率直な心境を吐露した。