市川紗椰 “恩人”岡本行夫さんに感謝「日本の損失」

2020年05月08日 15時16分

故岡本行夫さん。市川紗椰のインスタグラム(@sayaichikawa.official)から

 ハーフタレントの市川紗椰(33)が8日、インスタグラムを更新。先月24日に新型コロナウイルスが原因で死去した外交評論家の岡本行夫さん(享年74)をしのんだ。

 市川はメインキャスターを務めた「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ系)で岡本さんと共演した。不慣れなキャスターを務めたうえ、コンサルタントのショーンKこと川上伸一郎氏(52)の経歴詐称に伴う降板が重なる逆風の中、経験、知識が豊富な岡本さんがコメンテーターとしてガッチリと番組を支えたという経緯がある。市川にとって窮地を救ってくれた“恩人”でもあるわけだ。

「以前共演させていただいていた岡本行夫さんが新型コロナウイルスで亡くなりました。まだ信じられません。外交の裏側を誰よりも知り尽くしていた岡本さん。岡本さんは常に冷静かつフェアで、右や左に捉われず、いつも日本のことを想って活動されていました。外交や政治以外にも、プライベートな出来事についても、岡本さんのご意見はとても信頼していました。一年半、週に一回、岡本さんほどの方の隣にいさせてもらえたことは一生の誇りです」

 続けて「失敗しっ放しでみんなをがっかりさせていた私に、いつも温かい言葉と的確なアドバイスをくださいました。ちゃんと感謝を伝えられたかどうか、わかりません。海を愛していて、船やダイビングのお話をされるときはいつも少年のように目をキラキラさせていました。お仕事する姿も、趣味に熱中する姿もどちらも最高にかっこよかったです。二度とお会いできないなんて、胸が抉られる思いです」とつづった。

 そして「この時期こそ、岡本さんの見識が必要なのに。岡本さんの死は日本の損失。今一度、気を引き締めて行動します。これ以上こんな頻度で涙を流したくない ご冥福をお祈りします」と結んで故人を送った。

 岡本さんは外務省出身。橋本政権で首相補佐官、小泉内閣では内閣官房参与を務めるなど、長らく外交のブレーンとして活躍した。静かな語り口と、豊富な経験に裏打ちされた的確な評論で知られる。小池百合子都知事(67)の長年の友人でもあった。