白石麻衣 東京D卒コン中止でしばらくは「乃木坂46」在籍

2020年04月28日 20時31分

白石麻衣

 アイドルグループ「乃木坂46」白石麻衣(27)が28日、自身の公式ブログを更新し、東京ドームでの卒業コンサートが中止になり、しばらくはグループに在籍したままとなることを明かした。

 今年1月に卒業を発表した白石は「本来であれば、5月5日、6日、7日で計画をしていました東京ドームでのライブをもって乃木坂46を卒業する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で開催が難しくなってしまいました」と報告。

 続けて「ライブの日程も早く皆さんにお伝えしたかったのですが、今のこの状況の為、結果的には最後までライブの開催を発表することができませんでした」と現状を説明した上で「皆さんには直接、今までの感謝の気持ちを伝えたいなと思っております。卒業ライブはみなさんが安全に楽しんでいただける状況ができたら、改めて行いたいと思っているので、会場と時期が決まりましたらお伝えしたいと思います」と事実上、卒業が延期になったことを報告した。

 今後の活動については「ソロ活動が多くなっていくと思いますが、スタッフの皆さんと相談しながら、グループの一員として参加出来ることは頑張っていきたいので、温かく見守って頂けたら嬉しいです」とした。

 改めて「卒業ライブを開催できる日までは乃木坂46に在籍になります」と説明した白石。最後は「毎日大変かと思いますが、ここを一緒に乗り越えて頑張りましょうね!」と呼びかけ「早くたくさんの方が元気になりますように、笑顔で過ごせますように。私も精一杯のパワーを届けられるようこれからも頑張ります」と結んだ。