上白石萌歌 1年ぶり更新ブログは「姉・萌音との自宅待機生活」

2020年04月28日 13時04分

上白石萌歌

 女優で歌手の上白石萌歌(20)が27日、「お昼はそうめんにした」のタイトルで自身のブログを約1年ぶりに更新し、コロナ対策のための自宅待機の様子を明かした。

 萌歌は「さてさて、いろんなことに想いを巡らせる日々が続きますね。みなさんおうちでいかがお過ごしでしょう。わたしはここ1ヶ月くらいずーっとおうちに篭ってる。なんだか昼も夜もわからなくなってしまいそう。姉と過ごす時間が格段に増えて、というか、もはや姉としか顔を合わせていなくて、一緒に料理したり映画観たり歌ったりなんかしてます。息苦しさを感じてしまいそうな中でも、一緒にいて笑える、安らげる相手がいることは幸せだなぁとしみじみ感じる」とつづり、姉の上白石萌音(22)との共同生活を報告。

 続いて「ほかにも長めにお湯に浸かって読書してみたり、ちょっと凝った料理作ってみたり、大学の課題をガシガシこなしてったり、友達とテレビ電話越しにストレッチしたり、新しい音楽に出会ってみたり、豆苗育てたり」と様々な楽しみに触れ、「この前は、なんかお風呂上がりにテンションが急に上がっちゃって、チェッカーズの『涙のリクエスト』延リピで15分くらい踊ってました。楽しかったよ。おすすめ。(笑)」と元気な様子だった。

 また「先が見えなくてなんとなく不安な気持ちが続くけど、自分なりに楽しみを見つけてポジティブに息を吸ってたいですね。この時期に感じられることがきっと沢山ある。人との繋がりもより強く感じられたりしてさ」と記し、最後に「そして常に外で戦い、支えてくださる方々に敬意と感謝を忘れずにいようと思います。みなさんもすこやかに、心は温かくいてくださいね~」とメッセージを送った。