ゆうこす 誕生日フェスのトラブル謝罪「SNSの発信しばらく控えさせて頂きます」

2020年04月27日 14時15分

菅本裕子

 アイドルグループ「HKT48」の元メンバーでモテクリエーターの“ゆうこす”こと菅本裕子(25)が27日、ツイッターを更新。当面、SNSでの発信を控えることを報告した。

 5月20日が誕生日の菅本は、昨年5月19日に都内で誕生日フェスを開催。セルフプロデュースでライブや商店街での物販を行い、大盛況だった。が、その際に販売したプレミアムチケットの特典である私物プレゼントが、いまだに購入者に届いていないのだという。

 菅本は「去年の私の誕生日の時のプレミアムチケットご購入者さんに送るプレゼントをまだ配送できていない方が何名かいらっしゃるようで、今急いで当時の運営に連絡を取り、問題解決に向けて進めております。大変申し訳ございませんでした」と謝罪。

「チケットご購入者の方からのDMには返信していっているのですが、そうではない方から謝罪を求められているのには返信してたらキリがなくて、ツイートにて失礼します!申し訳ございません」と“外野”の声をけん制しつつ「イベント参加+イベント後の打ち上げ参加+私物プレゼントのセットだったのですが、私物が配送できていない状況なので、当時のイベント運営会社とやり取りをし、問題解決に向けて進めております。以後、連絡はチケットご購入者の方への直接の連絡のみとさせて頂きます。ご心配、ご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ございませんでした」と説明した。

 そして「反省の色が見えないと取られてしまうでしょうし、今年の誕生日生配信イベントは中止させて頂きます。SNSも、対応終わるまで発信を控えさせて頂きます。反省しております。本当に申し訳ございませんでした」と、当面、SNSでの発信は控えるとした。

 2011年にオーディションに合格。わずか1年後にグループを脱退して“裸一貫”から出直した菅本は、SNSを駆使してフォロワーを爆発的に増やし、ユーチューブなどで活動。最近では配信で商品を売るライブコマース事業で財を成し、年商数億円を稼ぎ出す売れっ子にのし上がった。