たんぽぽ白鳥久美子 健康観察解除も「大事を取り、もう少しお休みをさせて頂こうと思っています」

2020年04月27日 11時11分

白鳥久美子

 新型コロナウイルスに感染し、自宅療養を続けてきたお笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子(38)が27日、公式ブログを更新。健康観察が解除されたことを報告した。

 白鳥は「4月8日から、保健所の指示で自宅療養を続けてきましたが、4月24日をもって健康観察が解除となりました。以降、不要不急の外出を控えながらの生活を続けて下さいと指示を受けました。再検査はしない方針と説明を受けています。身体は回復して、とても元気になったのですが、今後は自主的に自宅待機をし、大事を取り、お仕事ももう少しお休みをさせて頂こうと思っています」と明かした。

 同居する夫の芸人・チェリー吉竹(39)は、自宅で隔離生活をしていたおかげで症状も出ずに元気だという。保健所の指導で念のため、白鳥の解除後、2週間は健康観察を続ける。

 白鳥はフォロワー、先輩、友人、仕事関係者やチェリーに感謝し「これからも夫婦で力を尽くしながら、この状況を乗り越えていきたいと思っています」と抱負を述べた。

 そして「医療従事者の方々には心から感謝いたします。宅配業の皆さまもありがとうございます。色々な不安に苛まされてしまいますが、心をしっかりもって、皆さまもお気をつけてお過ごし下さいね。これからも、頑張ります!」と文章を結んだ。