薬丸裕英「もう誰にも後悔してほしくない」

2020年04月25日 14時11分

薬丸裕英

 元「シブがき隊」の“ヤックン”こと薬丸裕英(54)が25日、自身のブログを「後悔しないために…。」のタイトルで更新し、岡江久美子さん(享年63)の命を奪った新型コロナウイルスへの慎重な対応を呼びかけた。

「昨日、私の事を心配して大和田美帆さんからお電話をいただきました。美帆さんこそが誰よりもつらく苦しい状況下、こちらが励まさなければいけないのに、彼女から元気をいただきました」と明かした薬丸。「そして、岡江久美子さんがご帰宅。玄関先に遺骨だけ置かれる無言のご帰宅。その映像を見ていて胸が張り裂ける思いでした」と悲痛な思いを告白した。

 続けて「新型コロナウィルスが本当に憎いです。怒りや悲しみの感情も消えず、気持ちの持っていき場所がないのが、正直なところです。このようなつらく悲しいことが、これ以上起きないようにするため、冷静に考えなければならないと思います」と提案。

 この日から大型連休となったが、新型コロナウイルスの影響で例年とは異なる雰囲気となっている。

「このウィルスを感染させるのも、拡散させるのも『人』なのです。勿論、このようなことはご承知だと思いますが、観光地に行かれる方々この時期に旅行に行かれる方々が多いのも事実です」と現実を示した上で「ご自身は感染しないと思っていませんか? どこか他人事と思っていませんか? こんなに悲しく、こんなに辛い思いをもう誰にもしてほしくないです。後悔したくないし、後悔してほしくないのです」と呼びかけた。

 最後は「医療従事者の方々の負担軽減のため、医療崩壊を起こさないためにも、今日から5月6日まで不要不急の外出は控えましょう。よろしくお願い致します」と結んでいる。