阿曽山大噴火 ソーシャルディスタンス「2メートルは鳥取和牛一頭分って!」

2020年04月25日 11時41分

阿曽山大噴火

 お笑い芸人の阿曽山大噴火(45)が25日、自身のツイッターで、鳥取県の平井伸治知事(58)が提案した新型コロナウイルス対策の「おる・出んウイーク」を絶賛した。

 平井知事はユーチューブチャンネル「とっとり動画ちゃんねる」で「このゴールデンウイークは特別なゴールデンウイークになります。なるべく家におる、県外に出ない、『おる・出んウイーク』に!」と県民にゴールデンウイーク中の外出自粛を呼びかけた。また「ソーシャルディスタンス」については「『2メートルってどのくらいかな?』と思われるかもしれませんが、2メートルと言いますと、だいたい『鳥取和牛』一頭分、『ジャイアントパンダ』一頭分」と説明していた。

 これに対し阿曽山は「都知事の言う『ステイホーム週間』がキャッチーじゃないなぁと思ってたら、鳥取の平井知事は『おる・出んウィーク』か。これは刺さるな。そしてソーシャルディスタンスの2mは鳥取和牛一頭分って!」と絶賛した。