久米明さん96歳・心不全で死去 関係者が語る名ナレーションの原点

2020年04月24日 12時00分

「花の生涯」「太閤記」「天と地と」などNHK大河ドラマの常連、また人気ドキュメンタリー番組「すばらしい世界旅行」などのナレーターとしても人気だった俳優の久米明(くめ・あきら)さんが23日午前、心不全のため東京都内の病院で死去した。96歳だった。

 東京都出身の久米さんは、1947年に劇作家木下順二さんらと劇団「ぶどうの会」の設立に参加。その後、劇団昴に所属し舞台俳優として「どん底」「セールスマンの死」などに出演した。

 テレビではハンフリー・ボガートの吹き替えを担当し「和製ボギー」として人気だった。

 またナレーションは、日本テレビ系の紀行番組「すばらしい世界旅行」を20年以上担当。NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」でも、温かくどっしりとした落ち着きのある語り口調で、多くの視聴者をうならせた。

 一方、映画では「金環蝕」や故松田優作さんの「蘇える金狼」などにも出演。ダンディーないでたちに渋い声が印象的な実力派俳優として名をはせた。いまや人気俳優となった大泉洋が、HTB制作の北海道ローカルのバラエティー番組「水曜どうでしょう」で海外ロケをした際などに、久米さんのナレーションをまねて絶景を伝える場面は“名物”ともなっていた。

 舞台関係者が言う。

「久米さんの情感豊かなナレーションは、新劇女優で朗読家の山本安英さんから叩きこまれたものです。『ただセリフを言えばいいのではなく、なぜこれを言わなければいけないのか考えなさい』と。それが原点になっているそうです」

 次男は作曲家の久米大作さん。92年紫綬褒章、97年に旭日小綬章。著書に「朗読は楽しからずや」がある。

 葬儀・告別式は親族のみで行う。