鶴瓶が「ボーボーになって」アフロ断念

2020年04月23日 14時03分

インスタグラム(@shofukuteitsurube)から

 落語家の笑福亭鶴瓶(68)が23日、インスタグラムを更新。アフロヘア断念を明かした。

 鶴瓶はマスク姿で散髪してもらう様子を動画で投稿し「この間のインスタでボーボーになっていたので、早速カットしてもらっております。あんだけ伸びてたので、すっきりしました。アフロになるまでだいぶ時間がかかるということで、結局、この頭にしてもらいました。この前の頭が不評だったんですよ。これのほうがええとたくさんきてましたんで」と語った。

 これは22日の投稿を受けてのもの。カツラをかぶり「自宅待機してる。こんだけ髪が伸びました。ええこともあるなぁ、もっと伸ばしてアフロするぞ」とジョークを飛ばしていた。若かりしころの鶴瓶といえば、オーバーオールにアフロ頭がトレードマークだった。

 フォロワーは「師匠、短くし過ぎです」「アフロが見たかった」「めっちゃ切ってしまわれて笑」「戻るんや」と反応。あまのじゃくとしか言いようがないが、今度は長いほうがいいという意見が多かった。また伸ばすしかない!?