「ブルー・コメッツ」ジャッキー吉川さん死去

2020年04月22日 11時30分

亡くなったジャッキー吉川さん(写真は73年4月)

 1960年代に活躍したグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のリーダーでドラムのジャッキー吉川(本名・板岡公一=いたおか・こういち)さんが群馬県内の自宅で死去したことが21日にわかった。81歳。東京都出身。事務所関係者が20日午後、1人暮らしの自宅で亡くなっている吉川さんを発見した。

 61年にブルー・コメッツにドラマーとして加入。67年「ブルー・シャトウ」で日本レコード大賞を受賞した。同曲は100万枚を超える大ヒットとなり、当時の子供たちは「森と泉に囲まれて――」の歌詞を替え歌にして「森トンカツ、泉ニンニク――」と歌うなど、一世を風靡した。

 吉川さんは66年にリーダーに就任し、3年連続でNHK紅白歌合戦に出場し、グループサウンズ黄金期の一翼を担った。

 他の代表曲に「青い瞳」「青い渚」など。66年のビートルズ来日公演では前座を務め、歌手の故美空ひばりさんの「真赤な太陽」録音時にバックバンドを担当した。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。