石田純一「コロナ感染源報道」余波 キャンセル続出でゴルフ場悲鳴

2020年04月22日 11時30分

波紋が広がる石田

 15日に新型コロナウイルス感染が判明した俳優の石田純一(66)の感染経路について、今月5日に北関東のゴルフ場でプレーや食事をした10人から複数の感染者が出ていると一部で報じられ、全国のゴルフ場から悲鳴が上がっている。

 11日に沖縄県のゴルフ場で体調不良となったことで、感染が明らかになった石田。滞在先の沖縄のホテルで静養中に発症と当初は説明していたが、その後、県内のゴルフ場でプレーしていたことが分かり、批判が上がっていた。

 16日のラジオ番組に寄せた肉声コメントでも感染経路については説明しなかったが、全国のゴルフ場では“石田ショック”に揺れているという。

「石田さんが感染した(とみられる)場所がゴルフ場と報じられたことで、全国のゴルフ場にキャンセルの連絡が続々と入っている。野外のため、感染リスクは低いと思われていたが、レストランや浴室など館内施設で感染する可能性も指摘され、今まで夫のゴルフを許していた妻など家族から『やめてほしい』とお願いされる状況が生まれているとか」(ゴルフ雑誌編集者)

 野外ゴルフ場は休業要請対象外だ。営業を自粛しているところもあるが、クラブハウスと呼ばれる館内の施設の利用を停止し、トイレの貸し出しのみを許可して営業を続けているところもある。それでも石田の感染発覚から利用客が激減する状況に陥っているという。

 さらに、コロナ感染による肺炎で亡くなった志村けんさん(享年70)の“悲劇”が不安視されている。

「感染したと思われる夜の繁華街も、報道後に驚くほど客入りが悪くなった。有名人の影響は本当に大きくて、石田のケースから“ゴルフ場=悪”という負のイメージがつきかねない。多くのゴルフ場から『志村さんの時の繁華街のようになるかも』と不安の声が出ている」(前同)

 すでにネット上では妻から「石田純一になりたいの?」と止められたという声も散見される。全国のゴルフ愛好家も悲鳴を上げそうだ。