舛添要一氏 安倍首相に「諫言する者の重用」のススメを説く

2020年04月21日 16時20分

舛添要一氏

 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏(71)が21日、自身のツイッターで「安倍政権の悪弊」を指摘した。

 舛添氏は「アベノマスクvsアサヒノマスク、極右応援団や大衆の苦しみに無知な側近の情報のみを鵜呑みにし、支持率上昇のためのマスコミ対策しか考えてこなかった安倍政権の悪弊が露呈している」とズバリ。その上で今実行すべきこととして「諫言する者を重用し、国民の生命と財産を守るために全力をあげることだ。支持率は後からついてくる」と助言を送った。