タレント・空条のん コロナの影響で仕事ゼロ「家賃払えず引っ越します」

2020年04月21日 15時51分

空条のん

 タレントの空条のん(年齢非公表)が21日、自身のツイッターで「5月に引っ越す」と報告した。新型コロナウイルス感染拡大の影響により仕事がゼロになり「家賃が払えなくなる」と苦しい台所事情を打ち明けた。

 空条は「東京を離れ、知人の“空き家”へ越すこととなりました」とツイート。芸能活動の他、ライブスタッフ、イベント設営、事務職のヘルプなど派遣の仕事をしていたが「コロナの影響により、案件が一切無くなりました」。収入が途絶えたこと役所や大家と相談。「“部屋を出る”以外に選択肢はありませんでした」と経緯を説明。国から10万円給付されるが「1ケ月分の『家賃、光熱費、年金、住民税、保険料』を支払うにも足りません」と嘆く。

 自身の体調について「現状は至って“健康”ですが、無症状の場合もありますし、自分が感染しており可能性は0とは言い切れないので、家族が暮らす気仙沼へ帰るわけにはいきません」と帰省を否定。なお。引っ越し先は空き家で、誰も住んでいないが「万が一自分が感染している可能性を考えて、越した先の地域の方々にご迷惑をかけぬ様、完全自宅待機を致します」としている。

 東京からの移動について「芸能の仕事や、感染拡大において、好ましい事では無いと重々承知です。しかし…ホームレスにならずに、生きていくには、この選択肢しかありませんでした」と理解を求めた。

 なお、今後は「今まで通り、SNSや配信を通して活動」する。

 空条は宮城県出身で、PR会社OLから芸能界に転身。グラビア活動では昨年「ミス東スポ2020」準グランプリに選ばれた。