コロナ感染疑い入院の住吉美紀アナ 半年給料6万円乗り越えたガッツで元気な姿を!

2020年04月20日 17時00分

住吉美紀アナウンサー

 またもや有名人が新型コロナウイルスに感染か? 元NHKでフリーアナウンサーの住吉美紀(47)が、肺炎のため都内の病院に緊急入院したことが19日に明らかになった。

 所属事務所の発表によると、住吉アナは16日に発熱。その後、高熱が続いたため、電話での問診の上、19日早朝に都内医療機関を受診したという。CT検査を受けたところ、肺炎と診断され緊急入院。同時にPCR検査を受け、現在結果を待っている状況だ。

 住吉アナがパーソナリティーを務めるTOKYO FM「Blue Ocean」は15日からリモート出演に切り替えていた。所属事務所は「本人も『感染』に関しては人一倍気を配って参りましたが、このような状況となりました」とし、同番組の20日からの出演を休止する。

 番組関係者は「今回の新型コロナについてはとても熱心でした。『Blue――』にもさまざまな識者をゲストに招いて分かりやすく伝えていたほどです。リモート出演になっても『工夫や行動力で少しでも前に進みましょう』と嫌な顔一つしなかった。陽性でなければいいのですが…」と心配顔だ。

 住吉アナは、国際基督教大学卒業後、1996年NHKに入局。福島、仙台放送局を経て、2001年から東京アナウンス室。07年の紅白歌合戦では総合司会に抜てきされたほか、10年からは同局昼の看板番組「スタジオパークからこんにちは」のメイン司会者を務めるなど、エースアナとして活躍した。

 芸能関係者が言う。

「11年3月でNHKを辞めたんですが、フリーになったらバンバン仕事が入ってくるかと思ったら、まったく入ってこず、半年間の給料が6万円だったそうです(笑い)。それから持ち前の頑張りで、今ではすっかり存在感を発揮していますね」

 そんなガッツがあれば、また元気な姿を見せてくれるはずだ。