橋下徹氏が提言「まず国会議員がオンライン化せよ」

2020年04月20日 13時27分

橋下徹氏

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が20日、ツイッターを更新。「国会議員はこれだけテレワーク、オンライン化、デジタル化を叫んでいるなら、まずは政治資金報告書業務を、デジタル化、オンライン化せよ」と訴えた。

 国会議員の政治資金は以前から不透明で、不祥事が多い。そのため「選管事務所でのこの作業ほど非効率なものはない。しかもオンライン化されていないので複数団体を利用して金の流れを見えにくくしている者多数あり」とし、今回の事態を契機に議員のオンライン化を推進することを提唱している。