尾木ママ 殺人鬼発言の市議に反省求める

2020年04月18日 18時21分

尾木直樹氏

 教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏(73)が18日、自身のブログを「感染者は【被害者】」のタイトルで更新。大阪・泉南市の梶本茂躾市議(72)が自身のフェイスブックに「(新型コロナウイルスの)感染者は、殺人鬼に見える」などと投稿したことを猛批判した。

 尾木氏は「殺人鬼などと言った市議会議員がいるそうですが とんでもありません! これは議員辞職ものですね」と怒りのコメント。続けて「感染者はどんなことがあっても【被害者】なのです」「市会議員という市民のリーダーなのに 感染者の高校生を殺人鬼呼ばわりは人権侵害、名誉毀損、侮辱罪に値します」と猛省を求めた。

 最後は「だれが悪いのでもなく ウイルスが敵なのですから いがみ合いはやめましょうよ みんなで頑張り自粛」と記し「早くコロナやっつけたいですね」と前向きなメッセージで結んだ。