鷲見玲奈アナが日テレ5・9特番MCに 28局放送初の“全国ネット”デビュー

2020年04月15日 16時00分

テレビ東京を退社しフリーとなった鷲見アナ

 昨年、先輩アナとの不倫疑惑が報じられ、3月末でテレビ東京を退社した鷲見玲奈アナ(29)に早くもビッグチャンスがめぐってきた! なんと視聴率3冠王を誇る民放テレビ局の雄・日本テレビの特番「ザ・極限めし」(5月9日放送)のMCに大抜てきされたことが本紙の取材で分かった。鷲見アナにとってはこれが、本当の意味での“全国ネットデビュー”だという。

 鷲見アナの不倫疑惑は昨年12月、「週刊文春」に報じられた。2017年に、都内のカラオケボックスで酒を飲み、同局の増田和也アナ(38=昨年11月に営業推進部に異動)と“一線”を越えたと噂が流れ、テレ東が調査したという。増田氏は既婚で2児の父だけに、事実なら不倫にあたる。

 当時、自身の口からはノーコメントを貫いた鷲見アナは、3月末に退社。今月から芸能プロ「セント・フォース」に所属している。先週には、疑惑を報じた「週刊文春」の100分にわたるインタビューに応じ、「ただの噂話で事実無根」と、疑惑を完全に否定した。

 報道された時は、「会社員という立場上、広報を通して否定させていただくことしかできませんでした」と言う鷲見アナ。そのせいで“お騒がせアナ”というイメージも付き、「フリーになって仕事はあるのか?」と言われていたが、いきなり日テレの特番というビッグチャンスを得た。この「ザ・極限めし」では、土田晃之とともにMCを務めるという。

「制作は系列の札幌テレビだが、日テレが全面的にサポートする。放送は午前10時30分スタートですが、ゴールデンウイークが明けた最初の土曜日の午前は例年、高視聴率が期待できる枠でもある。しかも今回は関東ローカルではない全国28局ネットで放送されます。失礼ながら、テレ東ネットワークは全国で6局で、全国視聴可能世帯の約70%しかカバーしていない。鷲見アナにとっては、本当の意味での全国ネットデビューになる」(日テレ関係者)

 気になる番組内容はこういうものだ。

「命を張って魚を釣る漁師や、集団で猟をするマタギらが極限下で食べる料理を紹介する、これまでになかったグルメ番組です。リポーターとして元柔道選手の篠原信一、テレビ金沢からフリーになった馬場ももこアナが出演して番組を盛り上げます」(同)

 それにしても、なぜこのタイミングで鷲見アナが大抜てきされたのか? それには新たに所属した「セント・フォース」の力が大きい。事務所を挙げて、鷲見アナを日テレに売り込んだというのだ。

「報じられた不倫疑惑は、2年以上も前の出来事です。しかも写真を撮られたわけでもなく、内部に流れた噂をテレ東が調査していた、という報道で、不倫が事実とは書いていない。それなのに鷲見アナは公の場で弁明する機会を与えられず、不信感を持ったままテレ東を去ることになった」(芸能プロ関係者)

 そんな逆境の中で鷲見アナはフリーとなった。

「今回の抜てきはセント・フォースと日テレの強い結びつきと信頼関係の上で成り立った話。札幌テレビは系列局の中でも上位局で、日テレにとっては大事なパートナーです。そこで全国ネットの番組を任せるというのは、大抜てきと言える」(同)

 さらに日テレの編成関係者は「視聴率次第では、特番としてレギュラー化も視野に入れている」とまで明かす。不倫疑惑から一転、鷲見アナが全国区のスターアナになる可能性もありそうだ。