「鳥人間コンテスト」開催中止 チーム活動が感染リスクにさらされると判断

2020年04月14日 17時09分

 人力飛行機で滞空距離や飛行時間を競う毎年恒例の競技会「鳥人間コンテスト2020」が、7月に滋賀県の琵琶湖で開催を予定していた今年の開催を中止することが14日、公式サイトで発表された。

 読売テレビ「鳥人間コンテスト」実行委員会は「大会の開催方法について様々なケースを想定し模索を続けて参りました。しかし、4月7日に政府より緊急事態宣言が発令されるに至り、主催者として今年度の大会を中止せざるを得ないと判断致しました」と報告。

 続けて「外出自粛要請が出されている中、多くのチームで機体製作が困難になること、それに伴い機体の安全性が十分に確保できなくなる事態が予見されること、また、チーム活動が感染リスクにさらされる可能性もあること等を考慮した結果です」と経緯を説明した。