立川志らく 安倍首相くつろぎ動画に注文「昭恵夫人が出演すれば良かった」

2020年04月14日 09時39分

立川志らく

 落語家の立川志らく(56)が14日放送のTBS系「グッとラック!」に出演。安倍晋三首相(65)がシンガー・ソングライター・星野源(39)の大人気動画に便乗し、大ヒンシュクを買った問題について言及。「昭恵夫人が出演すれば良かった」とコメントした。

 安倍首相は星野がSNSで公開した楽曲「うちで踊ろう」に参戦。同曲に合わせて自宅のソファで優雅にくつろぐ映像を自身のSNSに投稿した。一方的な自粛要請で国民が不安になる中での“KYコラボ”に、ネット上では「何様だ」「ふざけんな!」と批判が殺到。これに対し、菅義偉官房長官(71)は会見で、過去最高の「いいね」があったことを挙げ、自粛呼びかけの効果があったと好意的に捉える見解を示した。

 志らくは「よくよく考えたら、安倍さんがくつろいでいるんじゃなくて、昭恵夫人(57)がくつろいでいるんだったら、『奥さまも、家でおとなしくしているんだ。お茶を飲んでいる』そっちの方が良かったかもしれない」とコメント。宴会自粛の中でレストランでの花見が問題視されたことを持ちだし、皮肉った。

 コラボ動画について、コメンテーターから「誰がOKを出したのか」「話題になったから結果的にOK」などと賛否の声が出た。志らくは「空気を読めない方々がコロナ対策のトップにいるのが怖いんですけど」と危機感を訴えた。