テレ朝・富川アナがコロナ感染…お笑い界に波及の恐れ

2020年04月13日 17時00分

内村光良

 テレビ朝日の看板ニュース番組「報道ステーション」でメインキャスターを務める富川悠太アナウンサー(43)が、新型コロナウイルスに感染したと12日、同局が発表した。コロナ一色のニュースを世に伝える側の有名アナの感染が確認されたのは初めて。大混乱の同局内では“情報公開”の遅れに怒りの声が噴出している。また番組スタッフは全員自宅待機となり、放送休止の可能性も。それだけでなく、共演の徳永有美アナに感染していれば、お笑い界に波及する恐れもある。

 テレ朝の発表によると、月~木曜の報ステに出演している富川アナは今月3日(金曜=在宅勤務)、4日(土曜=休日)とも朝に38度の熱があったが、すぐに平熱に戻った。5日からは発熱がなかったため、6日から9日まで出勤して番組に出演した。

 ただ7日の本番中、原稿を読む際に痰が絡む症状があり、8日からは少し息が切れるように。9日には、階段を上ったり早歩きすると息苦しさを感じたという。出演のない翌10日朝も前日と同じ症状があったため、都内の病院でCT検査をすると、肺炎の症状が見られた。翌11日にPCR検査を受け、感染が判明した。現在も入院中だ。

 放送中も声がかすれていた7日は富川アナ本人も周囲も気にするそぶりはなかったというが、翌日、一部の幹部スタッフたちが妙な動きを見せ始めた。「8日になって、一部の上の人の様子がおかしかったんです。放送前後、富川アナに近づかない人がいました。ただスタッフには何も知らされませんでした」(番組関係者)

 富川アナは最近、自宅と局を往復するだけの日々だった。いまのところハッキリとした“感染ルート”は分からないが、現段階で最も疑われているのが局内だ。

 テレ朝は9日、グループ会社でCGなどに関するSE業務を担当している30代女性社員のコロナ感染を発表している。「その女性は『報道ステーション』と同じ、本社4階で勤務していたのです」と番組スタッフは声をひそめた。女性社員は出演者や社外からの来客と接する業務はなかったが、局内に広がっている可能性も否定しきれない。

 今のところ富川アナは「症状が落ち着いているようです」(同スタッフ)とのこと。またテレ朝は12日時点では、富川アナと接触のあった番組共演者・スタッフに体調の異変は確認されていないというが…。

「発表されたこと以外は分からず、現場はかなり混乱している。12日昼段階ではまだ、番組を今後どうしていくか、ほとんど何も聞いてない。すでに保健所が立ち入り、制作フロアは今、一部で近づけないところもある」と前出番組関係者。

 局内では対応のマズさが指摘され始めている。

「当初は報ステスタッフの4分の1が自宅待機という話でしたが、12日夜になってスタッフ全員自宅待機ということになりました。ほかの番組のスタッフに応援で来てもらい、番組は放送する方向。ただ最悪、番組休止の可能性も出てきているようです。また全社的に、富川アナとの濃厚接触者の洗い出し作業も始まってますが、やることが半日遅いですよ」と憤るのはテレ朝の某管理職だ。

「一度でも熱が出たなら即自宅待機させるべきなのに、平熱に戻ったからといって出社させていいのか。しかも先週は、明らかにOA中などで様子がおかしかったのに、出社させ続けていた。富川の陽性が判明したのは11日夕方。その事実が報ステのスタッフに伝えられたのは、一部ウェブメディアの第一報があった11日深夜より後だったそうです。すぐ情報共有し、周りの人々に注意喚起しないといけないのに、“隠蔽”とも言える情報伝達の遅さは今後、問題視されると思います」(同)

 最近は富川アナと社会的距離をとってニュースを伝えていた“報ステの華”徳永有美アナも、当分は自宅待機。夫はレギュラー番組を多数抱える人気お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良だけに、徳永アナまで感染しようものなら、コロナの恐怖は報ステどころか、お笑い界全体に波及しかねない。