隅田川花火大会中止でテレ東に“再放送”望む声

2020年04月10日 18時26分

福田典子アナウンサー

 隅田川花火実行委員会は10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、7月11日に開催予定だった「第43回隅田川花火大会」を中止すると発表した。公式サイトで「実行委員会は「花火大会実施に向けて準備を進めてきたが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況に鑑み、健康と安全確保を第一として中止を決定した」と説明した。

 同大会は1978年からテレビ東京が独占中継。同番組の公式ツイッターは「第1回から42年にわたりテレビ中継を続けてきましたので残念でなりませんが、ひとりひとりが感染拡大防止に努めて、再び美しい花火が見上げられる日を取り戻すしかないですね」と無念さをつぶやき「来年はみなさまに素晴らしい花火をお届けできますように…」と終息を願った。同局の福田典子アナウンサー(29)もツイッターで中止を報告。「なんとも言えない気持ちですが、とにかく大切な人たちを守るためにおうち時間を豊かにしたいと思います!」と前を向いた。

 テレビ東京の隅田川花火大会中継といえば、2013年の第36回大会にはフリーになった高橋真麻(38)が出演。ゲリラ豪雨に見舞われたものの、フジテレビ退社後の初仕事とあって、豪雨の中でリポートを続行し「ずぶ濡れ中継」と話題になった。ちなみに同大会は中止となったが、テレビ東京は前年大会の模様を放送。前年視聴率を超える快挙を達成している。

 ツイッター上では「去年の再放送で問題なし」「過去の映像をまとめた特番を!」「名場面集とかでいいんじゃない」「伝説の真麻ずぶ濡れ中継が見たい」と“俺たちのテレ東”に花火番組を望む声が多く寄せられている。