ナオト・インティライミが訴えるコロナ対策に必要な“日本人らしさ”

2020年04月10日 14時34分

ナオト・インティライミ

 ミュージシャンのナオト・インティライミ(40)が9日夜「新型コロナ関連で伝えたいこと」と題した思いをブログにアップした。

 ナオトはデビュー前に世界旅行をしていたことで知られるが、ブログではイスラエルでの出来事を掲載。「イスラエルの大学生にこう聞かれたの。『日本はなぜ、戦争に負けたあんなに小さい島国なのに、こんなにまで大きくなったのか?』と。『まじめで勤勉で、何よりも団結力がすごいのさ』、と即答したの」

 加えて、日本人の特性に触れ「決められたことを守るバカ正直なとこ 足並みを揃えていくこと 空気を読んだり 人に気を遣いすぎること 実は全部、日本人の得意分野だ」と列記。「今、何よりそれが必要とされている」と訴えている。