大阪の夏の風物詩「ギャルみこし」コロナ禍で中止

2020年04月08日 18時56分

 大阪の夏の風物詩「天神祭」に合わせて7月23日に開催予定だった「第40回 ギャルみこし」が、新型コロナウイルス感染拡大のため中止になった。前日(7日)に大阪府など7都府県を対象に緊急事態宣言が発令されたことを受け、一夜明けた8日、主催の天神祭女性御神輿実行委員会事務局がホームページで告知した。

「ギャルみこし」は15歳から31歳までの女性80人が重さ200キロのみこしを担ぎ、天神橋筋商店街を練り歩くもの。1981年に地域の振興と大阪文化の高揚、明るく楽しい街づくりを目指して第1回が開催され、以降毎年行われていた。