「週刊少年ジャンプ」編集部員コロナ感染の疑いで発売延期

2020年04月08日 16時18分

 集英社は8日、少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」の編集部に勤務する40代社員に、新型コロナウイルス感染の疑いがあると発表した。

 集英社によると、該当する社員は発熱があった2日から出社を控え、医療機関を受診の上、自宅待機中で現在はPCR検査待ちという。作家・関係者への感染リスクを考え、「週刊少年ジャンプ」編集部全体で作業を一時中断することになった。

 その上で20日発売予定の「週刊少年ジャンプ21号」(紙版・デジタル版)の発売を1週間延期し、「週刊少年ジャンプ21・22合併号」と号数を変更した上で27日に発売予定とした。

 なお「週刊少年ジャンプ20号」は、予定通り13日に発売する。