タイタンの“お笑い授業”でネット高校の単位取得可能に!

2020年04月08日 12時00分

 お笑いの授業でネット高校の単位習得ができる時代が到来した。

 お笑い事務所「タイタン」が運営する「タイタンの学校」と通信制高校「ルネサンス高等学校グループ」(ブロードメディア株式会社)が提携することが8日に発表された。

 この「タイタンの学校」では「芸人コース」は「プロの芸人(タイタン所属)を目指す」課程と、「一般コース」として「エンターテイメント業界への就業を目指す集団を作る」課程の2コース(ともに1年制)あるが、ルネサンス高等学校グループでは、10月1日から「タイタンコース(芸人・一般)」が新規開講され、同コース選択の生徒は「タイタンの学校」芸人コースおよび一般コースの講義の受講が可能となる。

 現在、タイタンの学校は東京・新宿に教室がある。ルネ高の生徒は通信教育で学びながら、お笑いの授業は新宿の教室で学ぶことになるという。

 タイタンの学校では特別講師として、元日本テレビの名プロデューサーの菅賢治氏や 作家でミュージシャンの辻仁成氏、タイタンの太田光代社長をはじめ、テレビ業界の一線で活躍する人間たちがレギュラー講師を務めている。

 また、タイタンの学校では「プロを目指すわけではないが業界のノウハウや著名人の講義を受けたい方に向けた」課程として半年制のカルチャーコースを開設することも併せて発表された。