小林礼奈がコロナ離婚危機? 流れ星・瀧上と「めちゃくちゃ喧嘩が増えました」

2020年04月07日 10時48分

「流れ星」瀧上(囲み写真)との“コロナ離婚”をにおわせた小林礼奈

 お笑いコンビ「流れ星」のイケメン芸人・瀧上伸一郎(41)と2016年に結婚したタレントの小林礼奈(28)が6日、公式ブログを更新。“コロナ離婚”をにおわせた。

 小林は「コロナ離婚ってやつが流行ってるらしいじゃないですか」と切り出すと「うちも、めちゃくちゃ喧嘩が増えました 一緒にいる時間が増えたからです 1日1時間ぐらいがちょうど良かったんです 同じ空間に長いこといるとダメなんです 今日も娘を保育園に預けてからバトルが始まりました」と家庭の現状を打ち明けた。

 夫の瀧上は売れっ子のため、営業で全国を飛び回る日々だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公演の中止・延期が相次ぎ、配信中心の生活になった。そのため、自宅で過ごす時間が増えたのだ。長女(3)と親子3人でのだんらんが増えるかと思いきや…。

 小林は「私、こんなに人生で怒ったりするのも始めてだし、キレやすいとかじゃないし、根本的に性格が合わないんでしょう それに尽きる。私は自分が変だとも思っていないし旦那も自分が変だと思っていない こりゃーダメだ そんなこんなで、コロナ離婚、、、他人事じゃないなって思うのでした」と、コロナ離婚危機が迫っていることを告白した。

 グラドル、ものまねタレントとして活動していた小林は、豚好きが高じて養豚場で働くようになり、昼は養豚場、夜はキャバクラ勤務という特異な生活を送ったのちに瀧上とできちゃった婚した。一方の瀧上は女性にモテモテのイケメンでありながら、実はゲーム&超合金マニアで、独身時代は部屋がお宝グッズで埋め尽くされていた。

 小林は「みなさんは、家族といる時間が長くなり喧嘩にはなっていませんか!?」とフォロワーに問いかけ、「お互い がんばりましょう」と結んだ。変わり者夫婦は離婚を回避できるだろうか?