森口博子 尊敬する志村さんに「国民力を合わせてウイルスに勝っていきます」と誓う

2020年04月03日 16時42分

森口博子

 歌手の森口博子(51)が3日、ラジオ番組「KISS&SMILE」(ベイエフエム)に出演。29日に新型コロナウイルスによる肺炎で死去した志村けんさん(享年70)の思い出を語った。

 森口は「ドリフ大爆笑」「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」「加トちゃんケンちゃん光子ちゃん」(いずれもフジテレビ系)に出演していただけに「訃報を聞いて絶句した。いまだに信じられない」と口にした。

 そして「志村さんはお笑いの世界でストイックに追求するイメージがあるが、ふとした時に浮かべる照れた笑顔が忘れられない。私にものまねを振ってくれて、それがお客さんにウケたら、パスが成功したと笑ってくれる」と思い出を語った。

 バラドルとして人気だった森口はアドリブを武器にしていたが、志村さんと出会ったことで、ドリフ仕込みの「基本の大切さ」を学んだ。「口に含んだお茶をびちょびちょに浴びる“洗礼”をもう受けられないと思うと寂しい」と残念がった。

 家族全員が志村さんファンで「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)に出演したチンパンジーのパン君に会いに、家族で熊本の阿蘇カドリー・ドミニオンを訪ねたこともある。母子家庭で苦労を掛けた母が、とても喜んでくれたという。

 森口は「志村さんの死を無駄にしないで、今は日本中の皆が緊張感を持っていくとき。感謝と敬意を込めて本当に有難うございました。ここで国民力を合わせてウイルスに勝っていきます。見守ってください」と、尊敬してやまない“アジアの喜劇王”に固く誓った。