宮藤官九郎コロナ感染で“芸能界オーバーシュート”危機

2020年04月01日 16時20分

宮藤官九郎まで新型コロナの毒牙に…

 またもや著名人が新型コロナウイルス禍に見舞われた。劇団・芸能事務所「大人計画」は31日、所属する脚本家の宮藤官九郎(49)の同ウイルス感染を発表。先日、「第12回 伊丹十三賞」を受賞し、気合を入れて自作の舞台「ウーマンリブvol.14『もうがまんできない』」も2日の初日を迎えるはずが、14日を目標に延期となってしまった。同舞台には有名俳優も名前を連ねており“芸能界オーバーシュート(爆発的患者急増)”の危険性を指摘する声も上がっている。

 大人計画は公式サイトで「重要なご報告」として「先日より、腎盂炎の治療をしておりました宮藤官九郎が、3月31日夜、同時に新型コロナウイルスに感染していることが判明致しました」と明かした。腎盂炎は快方に向かっており、新型コロナウイルス感染による症状は発熱だけだという。

 宮藤は「まさか自分が、と過信してしまいました。罹った今も、なんで自分が?と信じられない気持ちです。腎盂炎の腰の鈍痛も消え、さあこれから…という時に。チケットを買って下さった皆さまにも、役者、スタッフにも、家族にも、悲しい思いをさせてしまい、本当に申し訳ございません。幸い、落ち込んだり、泣いたりする体力はあるし、肺炎や風邪の症状も今はありません。少しでも早く、元気な姿をお見せ出来るよう、治療に専念します」と記している。

 宮藤といえば、30日に、映画監督をはじめ多彩な才能を発揮した故伊丹十三さんを顕彰する「第12回 伊丹十三賞」の受賞が決まったばかり。昨年放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が、「チャレンジングな脚本」として評価されたのだが、一気に奈落の底に突き落とされた格好だ。

 それだけではない。2日から自身が作・演出を務める舞台「ウーマンリブvol.14『もうがまんできない』」の上演が始まるところだったのだ。

 テレビ関係者は「本当に悔しい気持ちでいっぱいでしょう。クドカンは『いだてん』で、大河史上ワースト視聴率を記録しましたが、すぐに気持ちを切り替えていました。特にこの舞台は気合が入っていたんですよ。何といっても『いだてん』の後半の主役を務めた阿部サダヲが出演するからです」と同情するばかりだ。

 結局「大人計画」は、2~12日までの公演を中止、14日からの上演を目指すと発表。ただ、今後も感染状況によって「随時判断する」としており、公演自体が丸ごと中止になることも十分考えられる。

 芸能プロ関係者の話。

「まだ感染が判明したばかりで、感染経路がどうなっているかはこれからでしょう。クドカンは演出を手掛けるほか、出演者にも名前を連ねている。ということは、共演者と濃厚接触している可能性は極めて高い。キャストには柄本佑もいる。妻は売れっ子女優の安藤サクラです。志村けんさんをはじめ、戦隊モノの小宮璃央ら、最近芸能人の新型コロナ感染者が増えてきていますが、一気に“芸能界オーバーシュート”になるかもしれない。芸能人の感染は今そこにある危機です」

 そうなれば、地上波テレビの“ロックダウン”は待ったなしだ。