池畑慎之介「志村さんの死を無駄にしないで」生島ヒロシ「見えない努力に驚いた」

2020年03月31日 17時00分

2年ぶりに復帰した池畑慎之介

 2018年5月に芸名“ピーター”からの卒業と芸能活動休止を発表した俳優・池畑慎之介(67)が、志村さんとの思い出を語った。

 池畑は30日、芸能界復帰および芸能事務所「生島企画室」に所属するにあたり、都内で会見を開催。生島企画室会長の生島ヒロシ(69)も同席した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、池畑はマスクをして登場。会見では、報道陣の席は隣と約2メートルの間隔で配置されるなどの措置が取られた。

 志村さんについて池畑は「こんな人気者がコロナウイルスという見えない敵に負けてしまい残念。ぜひ自分のことは大丈夫なんて絶対思わないで。志村さんの死を無駄にしないで」と訴えた。

 志村さんはドリフターズに入る前、池畑が東京・銀座のライブハウスで活動していたころ、毎月のように見に来てくれていたという。

「あんなに素晴らしいコメディアンになって、なかなかお会いする機会はなかったけど、その時のことを思い出して胸が痛くなった」

 また生島はTBSの局アナ時代、志村さんと「8時だョ!全員集合」の特番で共演し、お酒を飲みに行く機会もあったという。「志村さんは、お笑い界にさんまさん、たけしさんとか新しい人がどんどん出てきて『いや生島ちゃんね、俺は常に不安だ』と。脅かされるのが嫌だから、ビデオを国外からも取り寄せて夜から朝まで見ていた」

 続けて「そうやって続けているのが自分の自信につながると。あれだけトップを維持するというのは、見えない努力があってなんだなと本当に驚いて尊敬した」としみじみ語った。