志村けんさん お笑い界初「国民栄誉賞」あるのか?

2020年03月31日 15時21分

志村さんの代表キャラクターの一つ・バカ殿様

 新型コロナウイルス感染による肺炎のため死去した志村けんさんに、安倍内閣が国民栄誉賞を授与する可能性が浮上している。志村さんサイドが辞退する可能性もあるが、それを避けるための仲介役として、最近評価が急落している小泉進次郎環境相の名が浮上しているとか。いったいどういうことなのか?

 志村さんの死は、永田町にも大きな衝撃を与えており、菅義偉官房長官をはじめ悼む声が多く上がった。そうしたなか、芸能文化の振興に貢献した志村さんの功績をたたえて、政府は折をみて国民栄誉賞授与の検討に入るのでは、と一部でささやかれている。

「志村さんに関しては過去に、芸術などの文化の発展に目覚ましい功績を上げた人が授与される『文化勲章を』という話が出ていたと聞きましたが、志村さんご自身が文化人扱いされるのが嫌で断った、と伝わっています。安倍内閣での国民栄誉賞は2年前、フィギュアスケートの羽生結弦選手に授与した後は出ていません」(永田町関係者)

 とはいえ安倍内閣が志村さん側に国民栄誉賞を打診しても、辞退される可能性もある。

「安倍晋三首相は昨年、元メジャーリーガーのイチローこと鈴木一朗氏に国民栄誉賞を打診しながら断られたという苦い経験がある。それだけに志村さんに打診するのは慎重にはなるでしょうね」(同)

 イチロー氏に断られたのと同じ轍を踏むわけにはいかない。そこで今回は仲介役として、小泉進次郎環境相を抜てきするという大胆なプランも浮上している。

「進次郎氏の兄である俳優の小泉孝太郎さん(顔写真(下))は、志村さんと同じ芸能事務所であるイザワオフィスに所属している。そういう関係もあり、いざとなったら進次郎氏に仲介役をお願いしようという考えもあるようだ」(同)

 過去に国民栄誉賞を受賞した芸能人は、俳優では長谷川一夫さん、渥美清さん、森光子さん、森繁久彌さん、歌手では美空ひばりさん、藤山一郎さんがいる。もし志村さんが受賞すれば、お笑い芸人としては初めてとなる。

 ただ最近の永田町は、新型コロナ感染拡大の話題一色で、国会でもその対策に追われている。そうしたなかで志村さんに国民栄誉賞を授与することは、「安倍内閣の政治利用と思われるかもしれない」と慎重な声も上がっている。

 確かに現在の安倍内閣は、窮地に立たされている。学校法人「森友学園」への土地売却を巡る文書を財務省が改ざんした問題で、自殺した近畿財務局職員が「佐川宣寿理財局長の指示だった」と書き残した手記が公表されたのにもかかわらず、国会で「再調査しない」との意向を示したことで大ブーイングが起きている。

 自民党ベテラン議員は「志村さんは新型コロナに感染したが、最後まで闘った。日本が新型コロナ感染拡大で未曽有の危機に直面した中、世論の反応が読めない状況で“安倍内閣が政治利用した”と言われかねない」と指摘した。

 果たしてお笑い芸人初の国民栄誉賞受賞者は誕生するのか――。