元ブリリアンのコージ・トクダ 社会人アメフト「福岡SUNS」加入

2020年03月30日 22時01分

コージ・トクダ

 10日に解散した“with B”ことお笑いコンビ「ブリリアン」のコージ・トクダ(32)が30日、自身のユーチューブチャンネルで社会人アメリカンフットボールのXリーグに加盟する「みらいふ福岡SUNS」に加入することを明かした。コージは前日(29日)、自身のインスタグラムで30日に重大発表を行うと予告していた。

 法大のアメリカンフットボール部主将(DE=ディフェンスエンド)として活躍し、2009年には甲子園ボウルにも出場した経験を持つコージ。復帰を決意したのは、これまでSNSなどでアメフトをアピールしてきたが、効果がイマイチだったと感じたから。「こうなればボクがプレーすることで、活気が出ればうれしいなという気持ちもあるし、アメフト界を変えたいという気持ちもある」と意気込んだ。

 また、タレント活動をやめることはなく“二足のわらじ”で勝負するつもりで「今までやってきたタレント活動も本気でやって、アメフトもやりたい」と決意表明。「批判はあると思う」と覚悟もできており、今後は週末に行われるというチームの練習に参加し、トレーニングを行う。

 コージはブルゾンちえみ(29)とユニット「ブルゾンちえみ with B」を組み「35億」のフレーズでブレークしたが、その後は存在感を示せずに解散に至った。一方、ブルゾンは今月末で所属事務所を退所し、新型コロナウイルス感染拡大が終息後、海外留学する予定だ。

【関連記事】