安倍昭恵夫人がコロナ自粛中の「花見開催」NEWS手越も参加で印象最悪

2020年03月30日 17時00分

昭恵夫人

 新型コロナウイルスの対応に追われている安倍晋三首相の足をどこまで引っ張るのだろうか。安倍昭恵夫人が、今月下旬に私的に“桜を見る会”を開いていたと報じられ、ネットを中心に大炎上している。

 東京都が4日に都立公園や都が管理する河川敷での長時間飲食を伴う花見の自粛を要請しているなかでの報道とあって、27日の参議院予算委員会で安倍首相が野党から追及され「花見ではない」と否定する一幕があった。コロナ対策が急務の国会で、昭恵夫人の不用意な行動により貴重な時間が浪費されてしまったともいえる。ある自民党関係者は「今にも感染爆発が起こるかもしれないときに、首相夫人がこのような報道をされては国民に示しがつかない」と頭を抱えている。しかも、昭恵夫人が絡んだ森友学園問題を苦にして自死した、元財務省職員だった赤木俊夫さんの手記が公開された直後ということもあり、国民の心情をおもんぱかるべき首相の夫人としては軽率すぎた。

 そんな中、昭恵夫人に対するこんな声も上がっているという。「参加者にNEWSの手越祐也とモデルの藤井リナの名前があったのは驚いている。藤井は何度も駐車違反を繰り返した上に、テレビの直撃取材中にも駐車違反をして現場を立ち去った人物。手越は夜の女遊びが有名ですが、かつて金塊強盗グループのメンバーとの接点も報じられてイメージはかなり悪い。ファーストレディーとして、もう少し相手を選ぶべきだったのではないか」(テレビ関係者)

 特に手越は“パリピ”として有名だ。先月も新型コロナウイルス感染の「3密」(1=換気の悪い密閉空間、2=人が密集している、3=近距離での会話や発声が行われる)に当てはまるクラブでの豪遊を報じられており、夜遊びも絶えない。若者に多いとされる無自覚感染者のリスクがある。今後、「万が一」が起こったら、ただ事では済まない。

 前出の党関係者は「来るもの拒まずといえば聞こえがいいけど、立場を考えればそうはいかない」と話す。昭恵夫人のKYな人間関係は今に始まった話ではないものの、“昭恵禍”の終息気配は見えない。