川崎麻世 コロナ軽視に警告「志村さんの死を無駄にしてはいけない」

2020年03月30日 11時59分

川崎麻世

 タレントの川崎麻世(57)が30日、公式ブログを更新。29日夜に新型コロナウイルスによる肺炎で、70歳で死去した志村けんさんの冥福を祈った。

 川崎は「俺がまだジャニーズに所属している頃 隣のマンションに志村さんが住んでいて 窓の高さも同じで『麻世~麻世~』と聞こえてくる 窓を開けるとジェスチャーで飲もうかと ピンポーンとなると酒を片手にした志村さんが部屋にやって来る その後麻布十番にある二人が行きつけの居酒屋があり杯を交わす あたたかい人だった」と知られざるエピソードを明かした。

 続けて「本来ならこんな世の中だからこそ お茶の間に笑いを提供したかったはずだ 悲しすぎて しばらく動けなかった」と胸中を吐露した。

 そして「ほんとうに志村さんの死を無駄にしてはいけない どんなに有名人でも首相でも皇太子でもコロナに感染するんだよ 自分は抵抗力があるから大丈夫など過信しないでください 今朝テレビを観てるとまだまだ舐めてる人が多い」と警告を発した。

 川崎は最後に「国民にとって志村けんさんの死は更に悲しみの渦を招いた 一人一人の小さなケアから始まるんだからほんとうに気をつけようね 志村さんのご冥福をお祈りいたします」と故人をしのんだ。