アンタッチャブル12年ぶりCM共演 柴田「撮影で一般人に間違われた」と苦笑

2020年03月25日 11時21分

アンタッチャブルの柴田英嗣(左)と山崎弘也

 お笑いコンビ「アンタッチャブル」(山崎弘也=44、柴田英嗣=44)が公営競技のインターネット投票サービスサイト「オッズパーク」新テレビCM発表会見に登場した。
 今年10年ぶりにコンビを復活したアンタッチャブルが今度は12年ぶりにCMで共演する。山崎は同CMのイメージキャラクターを3年務めているが、そこに柴田が便乗した形だ。

 まず山崎が登壇し、撮影について「リアル商店街で撮影しました。めちゃめちゃにぎわってる商店街で、通常営業の中で撮影いたしましたので、いろいろご協力いただいて。通行人の方に『ご迷惑おかけします』と頭を下げたら、通行人のエキストラの方でした」とエピソードを語る。CMについては「僕の芸能生活の中で代表作です。ナンバーワンの作品です」とテキトー発言で笑わせた。

 その後、柴田が登場。「俺は撮影の時に一般人と思われてたよ。警備員の人に『こちらお通りください』と言われたもん。私の出演部分はレアなので探してくださいね」と話す。その後は漫才の掛け合いのようなトークを繰り広げ、コンビ復活をアピールした。