前澤友作氏 政府に提案「儲かった人の税率はどんどん上げればいい」

2020年03月25日 00時02分

前澤友作氏

 ZOZOの創業者・前澤友作氏(44)が24日、自身のツイッターを更新し、政府が検討する現金給付策について私案を披露した。

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策として、政府は国民への現金給付などを検討しているが、富裕層は対象から外す可能性が高まっている。

 この動きに前澤氏は「政府が予定する全国民への現金給付の対象から富裕層が外れるそうだけど、仕分けるのも面倒で時間かかるだろうから、いったん全員に無条件で現金配って、コロナイヤーでも余力のあった富裕層からは、何らかの税金を臨時徴収する方が効率良いのではと思った。もちろん僕は応じます」と持論を展開。

 さらに「儲かった人の税率はどんどん上げればいい。特に今回みたいに有事の時は臨時でもやったらいい。税率上げると富裕層が日本から出て行っちゃう、ってよく言うけど、儲けさせてもらった生まれ故郷に恩返しできないような人はとっとと日本から出ていけばいい」と言い切った。