脊山麻理子が屋形船で桜見物「乗る前に体温測定」と安全クルーズ強調

2020年03月23日 16時11分

脊山麻理子のインスタグラム(@mariko_seyama_milkpon)から

 元日本テレビアナウンサーでグラドルの脊山麻理子(39)が23日、インスタグラムを更新。屋形船での桜見物を報告した。

 脊山は4枚の写真に添えて「めぐちゃんと屋形船に乗って浅草の桜とスカイツリーを堪能 乗る前に体温測定、席も離してあったよ」と投稿。屋形船に乗って桜とスカイツリーを楽しんだようだ。

 アラフォーを迎え、美貌にますます磨きがかかる脊山には「超絶!! 可愛い過ぎる!! 半端ないです!!」など絶賛するコメントが寄せられた。

 屋形船をめぐっては、新型コロナウイルス感染拡大初期に、小規模な集団感染(クラスター)が発生したことから「換気が悪く」「人が密に集まり」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」として、スポーツジム、ビュッフェスタイルの会食、雀荘、スキーのゲストハウスなどと並び、厚労省から注意喚起すべき場所に挙げられた。

 屋形船業界は指摘を受けて、徹底した消毒と従業員の体調管理、喚起などウイルス感染防止に万全の態勢を敷いており、脊山も安心して東京の春を満喫したようだった。